省エネテクノロジー

「省エネ」
木のエコ性能を活かす

木はミクロでパイプのような無数の細胞からできており、その中には熱を伝えにくい「空気」が含まれていることから優れた断熱性能を持っています。ロイヤルSSS構法では、さらにグラスウールとLow-E複層ガラスサッシでしっかり断熱することで、一年中快適でエコな住まいを実現します。

それぞれの地域に合わせたH28年省エネ仕様

H28年省エネルギー基準は、地域の気候風土などの特性によって区分されています。ロイヤルハウスではそれぞれの地域に応じた適切な仕様を決定しています。

H28年省エネルギー基準による地域区分


(一財)建築環境・省エネルギー機構 HPより
※地域により市町村での区分が異なる場合があります。

 

エコで一年中快適、H28年省エネ仕様

ロイヤルSSS構法の住まいは、H28年省エネルギー基準に適合。CO2排出を抑えて、大きく地球温暖化防止にも貢献します。また、断熱性能が優れていることにより冷暖房におけるランニングコストを低減させ、室内温度差の少ない快適な住環境をつくりあげます。

高気密・高断熱住宅      一般木造住宅

 

温度分布をサーモグラフで見てみると、一般木造住宅では床下や窓からの冷え込みが見えますが、H28年省エネ住宅では室内全体の温度が、ほぼ均一になっていることがわかります。

 

断熱材

快適で居心地のいい室内環境をつくるためには、室内の温度や湿度を良好に保つ必要があります。ロイヤルSSS構法では、壁と天井部分に断熱・耐熱・保温・防音性に優れた高性能のグラスウールを採用し、夏も冬も一年中過ごしやすく快適な居住環境を実現します。※断熱材の厚みは地域によって異なります。

 

Low-E複層ガラスサッシ

一般地仕様

一般地の断熱Low-E複層ガラスサッシは、2枚のガラスと空気層からなる3層構造による高断熱性と高気密性で、冷暖房効率もアップさせます。また、室内外の温度差による結露の発生も抑えます。

 

寒冷地仕様

屋外側にはアルミ、室内側には熱が伝わりにくい樹脂を一体化した構造の断熱Low-E複層ガラスサッシで、優れた断熱性と結露防止性能を発揮します。

 

24時間換気システム


シックハウス対策により、2003年からはすべての住宅において24時間換気システムの設置が建築基準法で義務付けられていますが、効率良い換気は人の健康を守るのはもちろん、建物においても乾燥及び高湿度を防ぎ、耐久性を増すためにも不可欠です。ロイヤルハウスでは自然に給気させ、機械を使い強制的に排気する、「第3種換気装置」を採用しています。給気は、ホコリや花粉などの侵入を抑える高性能フィルター搭載の給気口で、各居室ごとに外気から新鮮な空気を自然に取り込みます。排気は、湿気や臭気が溜まりやすい水廻りなどから強制的に排出し、家中の空気を24時間自動で入れ替えることで快適な空間を実現します。

 

シックハウス対策

 ロイヤルSSS構法のホルムアルデヒド基準
ロイヤルハウスでは、人体に悪影響を及ぼすホルムアルデヒドを低減させるため、建具やフロア、キッチン、洗面化粧台の面材にいたるまで、すべての内装建材にJAS・JISが定めるホルムアルデヒド発散建築材料等級のF☆☆☆☆建材を標準採用しています。

 

合理的な荷積みで、輸送時のCO2を削減


家づくりのシステム化、運搬時のユニット化により、材料の運搬回数を大幅に削減し、また一般的な金物工法などに比べ金物の張り出しがない分、積み方にも余裕ができます。ロイヤルSSS構法は、合理的な荷積みでCO2排出を軽減します。