ペット対応住宅

ペットと人が楽しく暮らすための住空間はどうあるべきなのでしょうか?
人側から見れば、汚れや傷、臭いがつきにくいこと。ペット側から見れば、滑りにくさや毛が挟まりにくさ、そしてペット自身の居場所がちゃんとあることなどもポイントと考えます。また、家族同然だからこそ、人とペットの距離感というのもとても大切。毎日、片時も離れずに過ごすのか?同じ家の中でも人やペットそれぞれの時間や空間をどこまで考えるか?住まいのプランニングを、そのようなことも頭に置いた上で考えてみてはいかがでしょうか?

ロイヤルハウスでは、人とペットの暮らしを楽しくする15個の工夫ある家をご提案。床・壁・ドア・階段などペットに優しくした仕様であったり、人とペットの関わり方に配慮した生活上の動線など、ペットと暮らしていくヒントが詰め込まれた住まいです。

 

ペットと人のつながり度合いを、べったり派とほどほど派にわけてご提案。汚れにくいタイル、傷に強い床、ペットの出入りドア、キャットウォーク、お散歩帰りのシャワー水栓など、ペットと人が楽しく暮らすための15個の工夫ある家。

 

工夫1 傷に強く、滑りにくい「高強度シートフロアー」

表面の特殊加工による、滑りにくく、爪などによる引っかき傷がつきにくい床材。

工夫2 引っかき傷や汚れにも強い「リビングウォール」

傷が目立ちやすくなるリビングなどの壁面には、引っかき傷や汚れに強く、お手入れもしやすい腰壁。

工夫3 滑りにくい、傷つきにくい「階段」

階段には、床材同様に人もペットも滑りにくく、傷に強い仕様。

工夫4 滑りにくくて、ニオイも残りにくい「タイル床」

おしっこなどの汚れが染込みにくく、滑りにくいタイル床。小型犬の膝や大型犬の股関節をケアも忘れません。

工夫5 ペットも毛が挟まりにくい「クッション付き巾木」

壁と床を納める巾木の部分は、ペットの毛やゴミなどが挟まりにくいクッション付きの巾木。

工夫6 ペットが自由に行き来できる「ペットドア」

室内の自由な行き来を望むペットを束縛することなく、空間を仕切ることも可能なペットドア。出入りの度にドアを開閉も必要なく、エアコンの空気も逃さないので省エネ。

工夫7 ご飯やシーツの収納に便利な「ペットグッズ収納」

ペットフードやトイレシーツなどのケア用品を納めるペット用収納スペース。

工夫8 ペットトイレの臭いを抑える「エコカラット」

家族は気にならなくても、来客者はペットのニオイに敏感に反応してしまうもの。呼吸する壁「エコカラット」なら、ペットのニオイの元となる成分を吸着し軽減。

工夫9 室内で清潔なカラダに「ペット用マルチシンク」

キレイ好きの家族には嬉しい、ペットのカラダをサッと洗える室内設置型のマルチシンク。

工夫10 お散歩の後はスッキリ「ペット用外部シャワー」

お散歩から帰ったら、まずはシャワーでキレイにしましょう。配水管の毛詰まりを軽減するヘアキャッチャーも付いています。

工夫11 ニオイを90%カットする「天井埋込型ナノイー発生」

ペットやタバコの臭いも、しっかり除去する天井埋込型のスマート換気ファン。

工夫12 梁あらわし「キャットウォーク」

ネコが大好きなキャットウォーク。吹抜け天井の梁あらわしにすれば、木の質感たっぷりのリビング演出効果もあります。

工夫13 リビングの一角に「くつろぎスペースの確保」

リビング周辺などにドッグスペースを確保。犬は、自分の居場所を確保できることで落ち着くことができ、独立心も芽生えると言われています。

工夫14 ペットもマナー「トイレスペースの確保」

ペットが寝たり、食べたりする場所とは別にトイレスペースを確保。人とペットが快適に暮らすための工夫は忘れません。

工夫15 人とペットの程よい関係「生活動線の配慮」

食事、休息、遊びなど、人にもペットにもそれぞれのリズムというものがあります。また、家族の接し方は、それぞれ異なっています。ペットと楽しく暮らす家づくりでは、ご家族のスタイルに応じた生活動線を取り入れた設計が大切です。

PLAN.A ■1F床面積/65.00m²(19.66坪)■2F床面積/67.00m²(20.26坪)     ■延床面積/132.00m²(39.33坪)
PLAN.B ■1F床面積/71.13m²(21.52坪)■2F床面積/62.25m²(18.83坪)     ■延床面積/133.38m²(40.34坪)