商品のご案内

ロイヤルハウスはオーダーメイドの木の家。
デザイン、間取り、設備などご家族のライフスタイルや敷地形状に応じたデザインができる自由設計の住まいです。まずは、ZEH、木、子育て、二世帯、平屋、三回建、空間活用など気になるワードをお選びください。カテゴリーごとそれぞれに用意された提案型商品モデルを参考にしていただき、ご家族の暮らし方やこだわり、デザインなどいろいろな多くのイメージをカタチに表したオンリーワンの住まいが実現できます。

 

 

木心地のいい家

 

木に包まれた空間に入ると人はなぜ、気持ちが癒されるのでしょうか?それは、木が、人工的な素材には無い、天然素材として優れた性能を非常に多く持っているからです。その一つが調湿効果。蒸し暑い梅雨や、乾燥する冬も、室内を快適に保とうとしてくれます。また、木は断熱材と同じぐらい熱伝導率が低く、人にも地球にも優しい究極のエコ素材でもあるのです。

木の家にこだわるロイヤルハウスは、木が持つ本来の強さ、優しさ、美しさを存分に引き出すことが可能な木組新構法「ロイヤルSSS構法」を開発。一般的な集成材に加え、国産無垢材も活用した木心地のいい家を実現します。

 

天井まで伸びやかな「吹抜けのあるリビング」に、開放的な空間の中で力強さと優しさをプラスする「あらわし梁」柱と梁の接合部分に金物を露出させない「木組みの美しさ」、天然素材の「木」の魅力を存分に引き出すことのできる「ロイヤルSSS構法」で建てる木心地のいい家です。

 

軒の深い大きな屋根と縦格子が木目調の印象的「和モダンファザード」。
1階のビッグサッシと2階の3連スクエア窓は、家族の集まるリビングで明るさはもちろん心地よさをも演出。癒しをデザインした住まいです。

■1F床面積/64.00m² (19.36坪) ■2F床面積/61.00m²(18.45坪) ■延床面積/125.00m²(37.81坪)

 

かわいさ溢れるキューブなフォルムに、片流れのシャープな屋根。
白い外壁のアクセントとなる深い木の風合いが、和モダンかつスタイリッシュな印象を醸し出します。
都市の暮らしにももちろん似合う、ミニマルデザインの木ころです。

■1F床面積/49.00m²(14.82坪) ■2F床面積/51.00m²(15.43坪) ■延床面積/100.00m²(30.25坪)

 

リビングは天井までの吹き抜けと、表し梁が美しい癒しの空間。
隣接する畳空間や、ダイニングキッチンなど家族がどこにいてもまるで自然につながってしまうようなオープン設計。
まさに、家ごとリビングのような住まいです。

■1F床面積/51.00m²(15.43坪) ■2F床面積/48.75m²(14.75坪) ■延床面積/99.75m²(30.17坪)

 

玄関、LDK、ベッドルームがフルフラットにつながっているバリアフリーの快適さ。
大きな吹抜けのあるリビングが庭とデッキでつながっているリゾートのような心地よさ。
大人も憧れる屋根裏空間も加えた平屋スタイルの住まいです。

■1F床面積/91.50m²(27.67坪) ■2F床面積/24.00m²(7.26坪) ■延床面積/115.50m²(34.93坪)

 

内側に向かって木は収縮する性質を持っている事を、昔から宮大工たちは知っていました。日本の伝統的な木造加工技術である仕口(しぐち)は、収縮する度により強度が増すように造られていたのです。一方、現代の木造住宅は、接合部の強度を高めるために、金物工法という柱と梁をボルトとナットで固く接合する工法が主流。しかし、無垢材は年月が経つことによって収縮等が避けられず、長く住んでいる間に、徐々に接合部が弛んでしまうという課題が残されていました。本来、天然素材である木が持つ強さ、美しさ、しなやかさ、心地よさなどを活かせる最適な方法はないか?これを解決したのが、ロイヤルSSS構法です。